マルエドラッグ マルエヤッキョク クスリノマルエ
株式会社 クスリのマルエ(マルエドラッグ/マルエ薬局)  
業種/ 【流通】(ドラッグストア、調剤薬局)
掲載開始日 : 2021/02/01  
 
 
 
  マルエドラッグの社員に共通するのは、地域の役に立ちたいという思い。「地域のお客さまの美と健康に貢献すること」という企業理念を全員が大切にしています。   群馬県を中心に50店舗以上を展開するマルエドラッグ。医薬品や健康食品、日用品を豊富に揃え、「欲しいものが手に入る店舗」として地域のお客さまから支持されています。  

会社データ採用データ
about us

■企業理念は地域密着。「地域に貢献できないのであれば、会社が存在する意味がない」

 マルエドラッグは群馬県を中心に、ドラッグストア52店舗、調剤薬局12店舗、託児所1店舗を展開する地域密着型企業です。「地域があってこそ会社がある」という理念のもとに、地域の皆さまの美と健康のサポートを使命としています。
 私たちの強みは、地域の方々と距離が近いこと。長く地元に根付いた店舗展開をしてきた私たちだからこそできることがあると信じており、地域密着というビジネススタイルはこれからも変わることはありません。「地域に貢献できないのであれば、会社が存続する意味がない」という強い思いを持っており、お客さまの一番近くにいる社員こそ当社の宝だと考えています。
 私たちは毎日膨大な数の商品を扱っていますが、その商品の先に、お客さまの生活があり、健康があります。ただ商品を売るのではなく、その商品によって、お客さまにどう貢献していくかということまで考えることが必要です。社員には目の前にある仕事のその先まで考えてほしいと願っていますし、失敗を恐れずにチャレンジを続けてほしいと思います。きちんと仕事と向き合って失敗したのなら、それは大きな失敗ではありません。私たちは、これから県や市と連携した健康事業など、広い視野に立って地域に貢献していきたいと考えており、積極的なチャレンジ精神が求められています。意欲のある社員が多く、チャンスはたくさんある会社です。あるとき、新入社員が「栄養教室を開きたい」と相談にきたことがありました。まだ入社後間もない社員でしたが、ぜひやってみようとサポートし、実際に新入社員2名が自分たちで考え、実行し、成功裏に終了しました。このように、自分から何かやろうとする社員は大歓迎です。
(代表取締役社長 江黒太郎)

 
事業内容 流通サービス業に携わる者として、何を販売していくのか。私たちは終始一貫して、ドラッグストア事業のあり方を深く追求してきました。マルエにとって、お客様が望む魅力ある商品はトータルサービスの一部であり、たとえ商品をお買い求めいただかなくても、来店する価値を得られる店、つまり「安心と安全」「美と健康」「キレイと元気」「夢と希望」「気持ちいい時間と空間」というトータルサービスをお客様に提供できる場所でありたいと考えています。地元の人の美・健康・健康美のため、地域密着のマルエだからできること、マルエにしかできないことにチャレンジし続けます。


■ドラッグストア事業
医薬品・化粧品を中心に、健康食品・ベビー用品・日用雑貨品等の販売を行う店舗をチェーン展開。
■調剤薬局事業
処方せんに基づいた調剤を行う他、一般市販薬・日用雑貨品・介護用品等の販売も行う店舗をチェーン展開。
■託児英語学習施設
ピジョンキッズワールド(株)と提携、米国式新スタイルの施設を経営。
■介護事業部
介護予防を中心とした介護相談、用品販売等を行う店舗を展開。

その他、健康産業へ積極的にチャレンジ。
設立 1973年4月1日
資本金 4,800万円
売上高 132億円  (2020年2月期実績)
従業員数 300名 
代表者 代表取締役 江黒 太郎
本社所在地 〒371-0221
群馬県前橋市樋越町83 [地図]
事業所 ■ドラッグストア(計54店舗)
【群馬県】前橋市、高崎市、伊勢崎市、富岡市、安中市、藤岡市、太田市、桐生市、みどり市、渋川市、玉村町、吉井町、吉岡町、原町
【栃木県】足利市
【埼玉県】行田市

■調剤(計17店舗)
群馬県伊勢崎市、前橋市、高崎市(うちドラッグ併設店13店舗)

<スマホ版で見る>
連絡先
〒371-0221 群馬県前橋市樋越町83 [地図]
人財部/採用担当
TEL 027-283-2228 
E-mail : saiyou@marue-drug.co.jp
会社データ

ホームページリンク   エントリーはこちら(マイナビ2022)
クスリのマルエ ホームページ

閉じる
就活応援団