カブシキガイシャセーブオン ベイシアグループ
株式会社 セーブオン【Beisiaグループ】  
業種/ 【流通】(コンビニエンスストア"ローソン"のメガフランチャイズチェーン展開)
掲載開始日 : 2018/03/05  
エントリー   エントリーはこちら
  学生の皆さんへの掲示板
  =============================================
 みなさんからのエントリーをお待ちしています★
=============================================
セーブオン採用担当です。
当社に興味をお持ち頂き、ありがとうございます。


エントリーをして頂いた方には、当社の採用情報等をご連絡させて頂きますので、
まずは、エントリーをお願い致します。  
 
 
 
  物販チェーン6社を中心に30社で構成するベイシアグループ。その1社として、セーブオンはコンビエンスストア事業を展開しています。   FCビジネスの特徴は本部が加盟店をしっかりサポートすること。SV(スーパーバイザー)は、その最前線で各店舗の経営をコンサルティングする重要な役割を担っています。  

???f?[?^??p?f?[?^
about us

◆激しい競争に打ち勝つ一環として、ローソンと事業提携
コンビニエンスストアの発達は、FC(フランチャイズ)ビジネスと切っても切れない関係があります。FCでは、本部が店舗のブランドやサービス、商品を用意し、加盟店は、それらを利用して店舗を運営します。そのため、初めから質の高い店舗運営が可能になり、コンビニエンスストア業界が大きく成長する原動力になりました。
しかしながら、今日では全国津々浦々に店舗が出店されようになり、ここまで成長を遂げてきたコンビニエンス業界も競争が激しさを増しています。また、提供するサービスも多様化・高度化しています。こうした競争を勝ち抜くために、業界再編が進んでいます。
そこで、私たちセーブオンもさらなる飛躍のために、コンビニエンスストア業界大手の「ローソン」とメガフランチャイズ契約を結ぶことになったわけです。
◆「人材育成こそが最大の成長戦略」と考える理念は不変
セーブオンでは、このメガフランチャイズ契約により、現在の店舗をローソンブランドに転換。各種サービスや主要商品も、ローソンの店舗と同じものを提供できるようになります。コンビエンスストアに求められるサービスが、ますます多様化・高度化するなかで、これらは非常に大きなメリットになるものです。
一方で、加盟店さまに対して私たちが本部の役割を果たしていくことに変わりはありません。これまで以上に、地域で生活されるお客さまに親しまれる店舗づくりを進めていきたいと考えています。
 そのために、大切になってくるのが人づくりです。もともと「人材育成こそが最大の成長戦略」と考えるベイシアグループの1社として、人材育成に力を注いでいましたが、これまで以上に社員の能力開発に力を入れていきます。
 求められる人材としては、業界での競争が激しくなっていることから、主体的に考えチャレンジできる方が望ましいですね。現状に安住しているようでは、時代から取り残されてしまいます。失敗してもいいからチャレンジすること。それが進歩につながっていくのです。会社としても新たな挑戦を始めたセーブオンで、存分に若い力を発揮してください。

 
事業内容 ■コンビニエンスストア”ローソン”のメガフランチャイズ本部

私たちセーブオンは、これまでの「セーブオン」の運営から、「ローソン」のメガフランチャイジーとして、新たな一歩を踏み出しました。
全国でも有数のメガフランチャイジーとして、8県(群馬、埼玉、栃木、茨城、千葉、新潟、山形、福島)における「ローソン」店舗のチェーン展開を行います。ローソンFCパッケージを使用し、加盟店オーナー様にセーブオン社員が経営指導をしていきます。
今まで培ってきた加盟店との信頼関係を大切に、加盟店と共存、共栄していくことを目指します。
設立 1984年3月1日
資本金 3億9,200万円(2017年2月現在)
売上高 562億  (2017年2月期実績)
従業員数 150名  ※2018年2月現在
代表者 代表取締役社長/平田 実
本社所在地 〒379-2187
群馬県前橋市亀里町900  [地図]
事業所 本部/前橋
支店/新潟・山形・千葉・埼玉・栃木
出店地域(8県)/群馬・埼玉・栃木・茨城・千葉・新潟・山形・福島
関連会社 (株)ベイシア
(株)カインズ
(株)ワークマン
(株)ベイシア電器
(株)オートアールズ
(株)アイシーカーゴ
(株)清閑堂
(株)くれよんくらぶ 他 計30社
平均年齢 36歳(2018年2月現在)
経営理念 “For the Customers(お客様のために)”

経営理念に掲げる「お客様のために」をいつも意識し、よりよいお店作りに励んでいます。店舗の駐車場はできるだけ広く、商品はお客様に安心してお買い上げいただけるよう、均一価格や低価格商品を豊富に。そして、気持ち良くお買い上げいただけるように、「店はキレイに、接客は明るく」を心掛け実践しています。
沿革
1983年 (株)いせや、コンビニエンスストア事業進出
1984年 (株)いせやのコンビニエンスストア事業部より分社・独立
株式会社セーブオン設立、ロゴマーク・店舗デザインを一新
1986年 新潟地区に進出
1987年 山形地区に進出
埼玉地区に進出
100店舗達成
全国POSレジシステム導入
資本金を1億円に増資
1988年 栃木地区に進出
1991年〜1995 1991年 200店舗達成
1992年 300店舗達成
1993年 400店舗達成
1995年 500店舗達成
     新POSレジシステム導入
2000年 千葉地区へ進出
2002年 チルドの低価格商品を展開
2003年 新潟県100店舗達成
2004年 資本金を3億9,200万円に増資
常温物流センター(前橋物流センター)稼動
サッカーチーム『ザスパクサツ群馬』オフィシャルスポンサー
2005年 新POSシステムの導入
2008年 北関東自動車道「波志江パーキングエリア店」オープン
2009年 セーブオン×群馬県 地域活性化包括連携協定締結
2010年 「伊勢崎市役所店」オープン
2011年 3月  セーブオン×佐渡市 包括的連携協定締結
10月 「道の駅あらい店」オープン
2012年 2月 「前橋南インター店」オープン
   新プロトタイプ店舗、イートインコーナー設置
6月  群馬県富岡市と藤岡市で移動販売車
   「まごころハート便」を開始
7月  LEDライト全店舗導入
2012年 9月  ビルインデザイン店舗「熊谷筑波店(埼玉県熊谷市)」
   オープン
10月 セーブオン×埼玉県 包括的連携協定締結
11月 セーブオン×ザスパクサツ群馬 
    コラボ店舗「エキータ前橋店」オープン
12月 埼玉県に電子マネー導入
2013年 9月  埼玉医科大学病院店
10月 セーブオン×新潟県 地域活性化包括連携協定締結
2014年 1月  セーブオン伊勢崎連取本町店オープン
   店内で焼きたての「焼まんじゅう」を販売
   セーブオン前橋力丸店オープン
   「焼まんじゅう」店内調理併設2号店
2月  プリペイド式ギフトカードの取り扱いを開始
2014年 5月  「旬りんご 王林」が『2014年モンドセレクション』
   “金賞”を受賞
9月 セーブオン×栃木県 包括的連携協定
2015年 3月 セーブオン前橋南インター店に『世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス』を併設
5月 「旬りんご 王林」が『2015年モンドセレクション』”最高金賞”を受賞
7月 セーブオン川越脇田本町店オープン
   『浅草 縁 -YUKARI- からあげ』を併設
2015年 9月  セーブオン伊勢崎緑町店オープン
   「豆腐専門店 三代目茂蔵」「モチクリーム」を併設
12月 セーブオン新小山市民病院店オープン
2016年 3月 セーブオン渋川医療センター店オープン
   県内初の病院施設内の出店
4月 コーヒーマシン「エブリカフェ」開店
   女性バリスタ監修のもと「カプチーノ」を発売
2017年 2月 株式会社ローソンとのメガフランチャイズ契約締結

<スマホ版で見る>
連絡先
〒379-2187 群馬県前橋市亀里町900  [地図]
人事部/採用担当
TEL 027-210-0203 (人事部直通)
E-mail : so-jinji@saveon.co.jp
会社データ

エントリー   エントリーはこちら
ホームページリンク   マイナビ2019(3月1日よりエントリー開始)
当社ホームページ

閉じる
就活応援団