就活応援ナビ

就活の勉強部屋


もう一度チェック!面接で問われることとは?
就活も佳境に入り、一次面接、二次面接、と選考が進むと何を答えればいいか、どう答えればいいか、その悩みは尽きません。そして、解決するためにより一層企業研究や業界研究をすることで対策します。しかし、本当にそれは対策になるのでしょうか?今回は基本に戻って「面接で問われること」とは何なのかを考えてみましょう。選考対策としてはもちろん、これまでの就活を見直すよい機会にして頂ければと思います。


就職活動で問われることは全てあなた自身のこと
私が普段、応募書類や面接等の対策セミナーで講師をする際、必ずお話ししていることがあります。それは「就職活動で問われることは全て自分自身に関するもの」だということです。これは就職活動の「基本のキ」です。
企業は採用活動を通じて社員=一緒に働く仲間を探しています。その「仲間候補」である就活生がどんな人物で、どんなことを考えているかを知りたいと思うのは当然のことですよね。今後、長くチームを組んでいくには相手のことを知っておく必要があります。ですから、書類選考も、面接も、設問・質問は様々なパターンがあっても、行き着くことは「あなたのことを教えてください」ということなのです。
自分のことを相手に伝える、相手のことを聞く、というシンプルなコミュニケーションこそが、あなたの就職活動であり、企業の採用活動なのです。


企業の説明をしても意味がない
企業研究を進めると、その企業の魅力に惹きつけられ、多くを語りたくなります。志望業界を絞って何社も受け続けている方は、業界の知識も増え、「こんなに調べました!」ということを面接の場などで伝えたいと思うことでしょう。
しかし、ここが落とし穴なのです。上記のように就職活動で問われることは「あなたのこと」です。いくらその企業について詳しく知っていても、業界の情報を仕入れていても、なぜあなたがその企業を志望するか、は自分の中から湧き出てくるものなので、しっかり考えていないと答えられないのです。
自分の考えを伝えた上で、その企業と重なる点を語ることができれば、採用担当者を納得させることができますが、「御社の◯◯が魅力的だと思い・・・」「御社の商品は世の中に・・・」など、その企業の説明に終始している「企業説明」のような回答を企業が求めているわけではないのです。特に、志望動機を問われた際にこうした答え方をしている方が多いように見受けられます。
確かに、企業のことをしっかり調べて志望動機を書くのは当然のことですし、情報不足のままで応募するのはマナーとしてもNGだと思います。
しかし、調べただけ、で留まっていては志望動機とは言えません。しっかり企業のことを調べた上で、且つ自分の意見や考えを述べてはじめて、あなた自身の志望動機となるのです。
その企業のビジョンや考えに共感したことを伝える場合も、どういったところが共感したポイントで、ポイントに対する自分の考えを伝える必要がある、ということを理解して選考に臨みましょう。


就活を通じて得た経験を踏まえ、もう一度自己分析をしよう
就活を始める際に自己分析をして以来、自分について考えることを止めていませんか?
以前の記事でも触れましたが、昨今、就活生にとっての自己分析は「選考対策」になっているケースが多いようです。自分の中のどの側面を企業に合わせて表現するか、という考え方は選考対策として有用です。
しかし、自分自身が固まっていない就職活動では企業情報に振り回されてしまいます。自分をよく見せようとして、自分とはかけ離れた姿を無理に作ったとしても、遅かれ早かれ無理が生じ、その企業で長く働き続けることは難しいでしょう。自分の過去・現在・将来についてじっくり考えるという自己分析の本来の形こそが、就職活動を進める基盤ですので、継続的に行うようにしましょう。

自己分析のやり方 ※下記を整理して紙に書き出します。

[過去]自分が過去に何をしてきたか(勉強・課外活動・部活動・アルバイト・ボランティアなど)  
→何をやったか・どう取り組んだか・何を感じ取ったか・そこから何を学んだか  

[現在]自分が今、何を考えてるか  
→今の自分の価値観・セルフイメージ・具体的に取り組んでいること

[将来]自分が将来どうなりたいか  
→数年後のありたい姿・成し遂げたいこと

これらを書いて浮かび上がったものの中にあなた自身にとって譲れないものやこだわり、目指す姿が見えてきます。
改めて自己分析に取り組んでみると気付きも多いことと思います。まして就職活動を始めてからは今まで以上に考えること、感じることが増えているはずです。
いろいろな会社の選考で忙しいとは思いますが、この辺りで一度立ち止まり、振り返りの自己分析を行いましょう。自分の軸が見つけられれば、今後の選考もスムーズになりますよ。



渡辺徹
講師:渡辺 徹
高崎経済大学を卒業後、就職情報会社、出版社を経てフリーに。
公共事業の運営メンバーとして未就職者の就業支援に携わった経験をベースに、大学生の就職活動と企業の採用活動をサポートしている。


ページTOPへ戻る


閉じる


就活応援団 運営会社:株式会社スパン||学生お問い合わせ||企業担当お問い合わせ